Pilates World 2014〜2014年10月17日、18日、19日開催

Pilates World 2014 講師紹介

今回も、国内外より多くの講師を招いてピラティスクラスを開講!魅力あふれるインストラクターをご紹介します。



海外講師

国内講師


Rael Isacowitz

ラエル・イサコウィッツ
絶賛されている二冊のピラティス本の著者であり広域に及ぶマニュアル、DVD、革新的なオンラインソフトウェアを開発したBASIピラティス創始者のラエル・イサコヴィッツはピラティス界で最も著名な人物の一人である。1989年に設立されたBASIピラティスは現在では30カ国100箇所にも及び、ピラティス教育の基準を高く設け続けている。
指導者、そして実践者として尊敬されるラエルはピラティスエルダーであるキャシー・グラントに「ピラティス氏が自身の教えを継承することを望んだであろう男性」と評されていた。ジョセフ・ピラティスと同様にラエルは革新者である。ピラティスのこれまでの流れを変えるようなエクウィップメントAVALON®Systemやピラティスエクササイズを分類するユニークな方法論BASI Block Systemなど、彼の先駆的な独創力はピラティス界の歴史に大きな跡を残している。彼の揺るぎないプロ意識はこれまで彼の元で学んできた何千人もの生徒たち一人ひとりに感動を与えてきた。
35年来のピラティス指導者であるラエルは、このメソッドにおける全体性の強調、ただエクササイズをおこなうのではなくて考えることを指導すること、ピラティス教育は最高の質であるべきだという主張において名高い。

Author of two acclaimed Pilates books and an extensive line of manuals, DVDs and groundbreaking online software, BASI Pilates founder Rael Isacowitz is one of the most prominent names in the Pilates world.
BASI Pilates, established in 1989 and spanning 30 countries and 100 locations, continues to set the standard in the industry for high-level Pilates education. Respected as both a teacher and a practitioner, Rael was described by Pilates Elder, Kathy Grant as "the male that Mr. Pilates wished for to continue his work." Like Joseph Pilates, Rael is an innovator. His pioneering initiatives have left an indelible mark on the universal practice of Pilates, ranging from the game-changing AVALON® System of equipment to the BASI Block System, a unique methodology of categorizing Pilates exercises. His unyielding professionalism has touched each one of the thousands of students who have passed through his hands.
A Pilates teacher for over 35 years, Rael is renowned for his emphasis on the holistic nature of the method, his focus on teaching people to think, rather than simply to perform exercises, and his insistence that a Pilates education needs to be of the very highest quality.

10/17 8:00~9:00/スタンダード会議室五反田3F

FLOW IN A MAT CLASS

Flow とはピラティスの動作における基本原則のひとつであり、マットワークで特に偉大な力を発揮するものである。BASI では"bread and butter" (「パンとバター」すなわち毎日欠かせないもの)とされるが、マットワークはピラティスのすべての原則を統合し、どのエクウィップメントを使うにしても基盤となるものである。Flow はBASI ピラティスの代名詞のようなもので動きに正確性、テンポ、喜びをもたらす。
全体性のある素晴らしいワークアウトをつくる際に有益なものである。

Flow is a fundamental principle of Pilates movement and one that comes into its own in the Mat Work. Regarded by BASI as the "bread and butter" of Pilates, the Mat Work both embodies all the principles of Pilates and provides the foundation for the work on all pieces of apparatus. Flow is one of the signature qualities of the BASI Pilates approach, bringing precision, tempo and joy to the movement. It is instrumental in creating a wonderful, all-encompassing workout.


10/17 9:30~12:00/スタンダード会議室五反田3F

PILATES, BIOMECHANICS AND REALITY

科学は絶えず私たちに新しい情報を与え、既存の理論を立証(ときに反証)する。これはムーブメントの専門家たちがそれぞれのシステム、教授法を向上させ、それ故により良い結果を出すことを可能とする。しかしながら善意があっても科学的情報とは時に不正確にまたは極端に使用され、それ自体が新たな問題をつくり出してしまうこともある。このワークショップでは科学の進歩がどのように採用されるかを探求し、良いコンセプトから生み出されてしまった負の動作パターンの例を分析していく。
以下のトピックを含む:
・ニュートラルスパイン、ニュートラルペルヴィスの使用
・関節を"ロックする"とは
・頭の配置
・安定性と可動性のバランスをみつける
参加者は成果を得るための明確なガイドラインが得られるであろう。

Science continually offers new information and substantiates (or sometimes disproves) existing theories. It enables movement professionals to improve their systems and teaching methods, and thus achieve better results. Yet, notwithstanding good intentions, scientific information is sometimes implemented incorrectly or taken to the extreme, creating a new set of problems in the process. This workshop explores how scientific advances are adopted and examines examples of negative movement patterns that have evolved from good concepts. Topics include:
• The use of neutral spine and neutral pelvis
• Interpreting "locking" the joints
• Placement of the head
• Finding the balance between stabilization and mobilization
• The importance of the hip flexor group
Participants receive concrete guidelines on how to achieve positive outcomes.


10/18 9:00~11:00/TFT(東京ファッションタウンビル)ホール1000

MARATHON MAT
マラソン・マットクラス

ラエル・イサコヴィッツにより考案された2時間セッション。ピラティスメソッドの基であるマットワークの数知れない可能性に迫る。アスリートや身体を動かし慣れた人に向けてのウォームアップ、コンディショニングのためのツールとしてマットワークを見ると、このマラソンマットは目を丸くさせるほどやりがいがあり、刺激あふれるものであろう。 このワークショップではBASIのアプローチを元にクラシカル及びコンテンポラリーなエクササイズをBASI特有のFlowの中で用いていき、動きの中での瞑想効果を構築していく。

Conceived by Rael Isacowitz, this intensive, two-hour session focuses on the multiple possibilities of the Mat Work, which is the foundation of the Pilates method. Approaching the Mat Work as a warm-up and conditioning routine for fit individuals and athletes, the Marathon Mat is challenging, invigorating and eye-opening. Based on the BASI approach to the work, the workshop builds a meditation in motion, using both classical and contemporary exercises and featuring the BASI Flow Sequence. This will prepare you for the Ultr-Marathon MatTM, a three-hour exploration of the Pilates Mat Work at the highest level of endurance, strength and determination!


10/18 12:00~14:00/TFT(東京ファッションタウンビル)ホール1000

Learning the Meaning of Practice from Rael Isacowitz, founder of BASI Pilates
BASI ピラティス創始者、ラエル・イサコウィッツから学ぶピラティス実践の意味


ラエル・イサコウィッツは、世界中のピラティス指導者の父と呼ばれ、ピラティス界のマスターティーチャーとして知られています。ピラティスメソッドをジョセフ・ピラティスの弟子と呼ばれる全てのエルダーから学び修士号を持つ数少ない正当なピラティス継承者でもあります。彼が設立したBody Arts and Science Internationalというピラティス研究団体は、ジョセフピラティスの意思を継承し、かつ、現代科学を取り入れて進化したピラティスメソッドを作り上げています。彼自身このメソッドを通して、病院で患者を受け持つ理学療法士やプロスポーツ選手のフィジカルトレーニングを受け持つコーチたちを指導していてきました。彼は現在世界でもっとも影響力のあるピラティスティチャーとして、PMA(Pilates Method Alliance)の理事などを歴任し、世界のピラティス界の発展のために尽力しております。このワークショップでは、ラエル・イサコウィッツからピラティス実践の意味を学ぶことを目的とし、全ての実践者が真の健康の手に入れるための正しい取り組みを理解することでしょう。動きに無駄を作らないフローワーク、ダンスのような優雅な動きが、ピラティスを楽しいものに変え、集中力を高め、ボディバランスを蘇らせて、最終的に毎日の生活を鮮やかに彩られた世界に変えていきます。ラエル自身の身体能力が発揮されたムーブメントもお楽しみください。

Rael Isacowitz, known as the father of Pilates Instructors around the world, is a Master Teacher of Pilates. He is one of the very few people who has studied with all of the Pilates Elders –those whom studied with Joseph Pilates and is known to be a true successor of the method. Body Arts and Science International®, a pilates education academy that Rael has founded, preserves the classical reprotoire and essence of Joseph Pilates' philosophy while supplementing it with the contemporary experience and scientific knowledge. As one of the most influential Pilates teachers, Rael is a commissioner of the PMA (Pilates Method Alliance) and strives for the development of the Pilates community.
The goal of this workshop is for you to learn the meaning of practice and for all practioners to understand how to work towards true health. Efficient flow work, as graceful as a dance, will enhance your Pilates pracitce with more concentration, balance your body and mind, and liven up your everyday life into a more vibrant world.


10/18 14:30~16:30/TFT(東京ファッションタウンビル)ホール1000

Let's Hear It All from the Master Teachers~ A Discussion between Rael Isacowitz, Alan Herdman, Pat Guyton and Brett Howard
マスターティーチャーから全て教えてもらおう! ~Rael Isacowitz, Alan Herdman, Pat Guyton and Brett Hawardの対談~


現在ピラティスを牽引する世界を代表する4名、彼らがピラティスを始めたきっかけは何なのでしょう。なぜピラティスを選んだのでしょう。ピラティスを実践している事により感動した経験はどういうものなのでしょう。実践において身体的向上の恩恵を超えて人生においてどのように役に立っているのでしょう。そもそもピラティスをどのように捉えているのでしょう。ピラティスはどのような点において人生を豊かなものへと変化させてくれたのでしょう。彼らの歴史、信念を対談形式で語って頂き、私たちの今後の実践においてのヒントを頂きましょう。

What could possibly have been the reason for the leading masters of this industry to start their journey of Pilates? Why did they choose Pilates? What are some of the greatest inspirations they have received through practice? What influences have they had in their lives? What is 'Pilates' to them? How has it made their lives better? Let us hear about their history and beliefs and will it be a guidance to our practice and lives.


▲ PAGE TOP


Alan Herdman

アラン・ハードマン
アラン・ハードマンはUKにて30年以上ピラティスの指導をしています。彼は1970年に英国初めてのピラティススタジオを開きました。
London School of Contemporary Danceで学んだアランはダンサー/ダンス指導者として働いていました。1960年代後半にジョセフ・ピラティス・メソッドを学びにニューヨークへ来るように誘われ、そこでピラティス氏から直々に訓練されたカローラ・トリエー、ボブ・フィッツジェラルドの二人と集中的に学びました。ニューヨークではすでに良く知れ渡っていたピラティスメソッドも当時英国ではほとんど知られていませんでした。1970年代にピラティススタジオを立ち上げるべくアランは英国へ戻りました。彼の最初のクライアントたちは役者やダンサー、歌手が主でしたがその評判はすぐに伝わり医師や理学療法士らが慢性障害と格闘する患者たちに勧めるようになっていきました。
Alan Herdman Pilatesではピラティスインストラクター向け養成コースも行っており、彼はその運営のみならず世界各地のダンススクールやピラティススタジオでの指導、講演会において国際的に活躍しています。以下は彼の著書です。

Alan Herdman studied at the London School of Contemporary Dance and was working as a teacher and dancer when, in the late 1960s, he was invited to New York to learn about the Joseph Pilates Method. There he worked intensively with Carola Trier and Bob Fitzgerald, two instructors who had been trained by Pilates himself. Although well-regarded amongst New York's dance fraternity, Pilates was unknown in the UK at that time and Alan returned in 1970 to set up Britain's first-ever Pilates studio. Among his first clients were actors, dancers and singers, but word soon spread as doctors and physiotherapists began recommending Pilates to patients struggling with chronic injuries.

Alan now lectures on Pilates around the world, and he has written several successful books, including The Pilates Directory (2004), The Gaia Busy Person's Guide to Pilates (2003) and Pilates: Creating the Body You Want (1999). He runs a training course for Pilates instructors and, as well as running his own studios, he and his assistants teach in dance schools and designated Pilates studios internationally.

10/17 9:30~12:00/ヨガプラス五反田スタジオ

DEEP PRINCIPLES OF THE MAT.

マットエクササイズから最大限にその効果を得るためには各エクササイズにおいてピラティスの原則がなくてはならない。この原則なしではムーブメントは表面上だけのものとなってしまう。正しい動員がなされなければ筋力の不均衡は避けられない、このワーク。


10/19 9:30~12:00/スタンダード会議室五反田3F

SOMETHING FOR EVERYONE.
みんなのためのピラティスメソッド


このワークショップでは普段全くまたは少ししかエクササイズをせず、ピラティスに駆け込むような、身体をどのように準備し健康 状態をどのように保つかという知識も能力もないような人に焦点をあてる。
下記の方法を探求していく。 a)初心者の準備、b)様々な症状への対応(例:脊柱前弯症、側弯症、後弯症など)、c)筋のアンバラ ンスや準備不足による怪我のリハビリの助けとなるようなエクササイズ。

The workshop will focus on people who do very little or no exercise then rush into Pilates without the knowledge or the capability of how to prepare their bodies and how to protect their wellbeing. We will discover ways of a) preparing the novice, b) dealing with conditions ie lordosis, scoliosis, kyphosis, c) looking at exercises that will assist in rehabilitation of injuries caused by muscle imbalance and lack of preparation.


▲ PAGE TOP


Brett Howard

ブレット・ハワード
Brett HowardはUnited States Pilates Association™の教育理事で、New York Pilates Studio® Teacher Certification Programのシニアティーチャーを務める。United States Pilates Association™はAuthentic Pilates™ Method of Body Conditioning及び世界で最も長く歴史を持つピラティス指導者育成プログラムであるNew York Pilates Studio® Teacher Certification Programのライセンシーである。彼はピラティススタジオPilates Hausのオーナーであり、ディレクターでもある。
Romana Kryzanowska氏に師事、1998年にNew York Pilates Studio®を通して指導者資格を得ている。その他にもピラティスエルダーであるMary Bowen、Jay Grimes、Lolita San Miguel、マスターティーチャーであるBob Liekens、Sari Mejia Santo、Kathy Corey、Deborah Lessen、Steve Giordanoと広範囲にわたって学びを深めてきた。PMA(Pilates Method Alliance)の資格を保持しPMA Pilates Youth Programのメンバーとしても活動している。「Pilates for Children and Adolescents」を共同執筆、「The Pilates Method of Body Conditioning 」Sean P. Gallagher、Romana Kryzanowska著でも取り上げられている。雑誌「Pilates Style」にも記事を投稿している。オンラインピラティススタジオとして世界中で知られるPilates Anytime、Pilatesologyでは名高いインストラクターとして活躍している。
Brett Howardはこれまでにアメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、イングランド、ドイツ、イタリア、韓国、スペインでワークショップを指導してきた。故ジョセフ・ピラティス氏のエクササイズのエキスパートとしてピラティス業界で知られ、これを世界中で教えている。また、学校や個人で取り入れることのできる子どものためのピラティスカリキュラムを創り出した。
New York University Steinhardt School of Education, Culture and Human Developmentにてダンス教育学修士の学位を取得、S.U.N.Y. Purchase College Conservatory of DanceにてダンスB.F.A.を取得している。解剖学や生体力学についてはIrene Dowd、Lynn Martin、Sean P. Gallagherから学んできている。
  Brett Howardはこれまでに Saeko Ichinohe Dance Company、Mary Seidman and Dancers、Stephan Koplowitz、Tarin Chaplin、Hemiko Minota、Renata Celichowska、Susan Koff、Faun Dance Troupeといったダンスカンパニーで踊ってきた。2001年に設立したDance Company Brett Howardのアーティスティックディレクター、及びコレオグラファーも務める。

10/17 9:30~12:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

Understanding the Universal Reformer: A study in Intent
ユニバーサル・リフォーマーの理解:エクササイズの意図の研究


1949年に、当時65歳だったジョセフ・ピラティスはユニバーサル・リフォーマーを用いた写真の一連を撮影した。このワークショップではこれらの写真のエクササイズがどのように実践され、また当時並べられたこの順番にどのような役割があるのか、その意図を研究していく。エクササイズがどのように、そして何故、時を経て進化してきたのか、またはしていないのか、そしてピラティスエルダーらがその発展に与えたと考えられる影響がどのようなものかについて触れていく。

2.5 Hour Workshop
Understanding the Universal Reformer: A study in Intent In the year of 1949 at the age of 65 Joseph Pilates photographed a series of photos on the Universal Reformer. This workshop is a study in the intentions of both how the exercises in these photographs were executed as well as the role of the specific order that they were placed in at that time. The workshop will touch on how and why the exercises and order might have evolved or didn't evolve over time, and what influences the Pilates Elders might have played in any development.


10/18 17:00~18:30/TFT(東京ファッションタウンビル)ホール1000

Classical Mat Class
クラシカル・マットクラス


このクラシカルなピラティスマットクラスではピラティス氏の著書「Return To Life」に書かれている34のオリジナルマットエクササイズを含み、参加者をプレ・ピラティスから超上級へと導いていく。ロマーナ・クリザノウスカのスタイルで構成され、他にもジェイ・グライムス、キャシー・グラント、ロリータ・サン・ミゲルから影響を受けている。

A classical Pilates Mat, which takes participants from Pre-Pilates to Super-Advanced, and includes the original 34 Pilates Mat exercises from Return to Life. The class is in the style of Romana Krzanowska with influences of Jay Grimes, Kathy Grant, and Lolita San Miguel.


10/18 19:00~20:30/TFT(東京ファッションタウンビル)ホール1000

History of Pilates
ピラティスの歴史


このプレゼンテーションはスライドショー形式で行われる。ジョセフ・ピラティスの創造性、発明、そして彼の歴史、功績を紹介する。

The presentation is done in the style of a Family Slideshow. It will address the inspirations and inventions of Joseph Pilates as well as his history and achievements.


▲ PAGE TOP


Pat Guyton

パット・ガイトン
パット・ガイトンはピラティス指導歴30年以上、2000年5月19日にはロン・フレッチャー氏よりマスターティーチャーの称号を与えられました。その他にも多くのファーストジェネレーション マスターティーチャーたちに師事してきました。PMA認定ピラティスティーチャーであり、同時にPMA継続教育のCECプロバイダーを務めています。パットはピラティスコミュニティの専門的発展に精力を注いでいます。2002−2008年にはPilates Method Alliance理事を務めてきました。
パットはまたフランクリンメソッド®レベルⅢエデュケーターでもありフランクリンメソッド ティーチャートレーニングをホストしています。Pilates Conservatory®は彼女の主催する継続教育です。これまでにアメリカ国内および世界各国で指導してきました。Pilates Anytimeでは名高いティーチャーとして紹介されています。「Stretch Out®Strap Shoulder Girdle and Arm Work」著書。パットはより良い指導者になりたいと願う全ての人とピラティス教育を共有することを使命と感じています。私たちのメンターの功績を継承し、ピラティスの喜び、実践、これまでに受継いできた知識を教授/共有することでこれが皆の歴史的財産となることを誇りに思います。

Pat Guyton has been teaching Pilates for over 30 years. She was awarded with a diploma of Master Teacher on May 19, 2000 by Ron Fletcher and has studied with many of the First Generation Master Pilates teacher. Pat is a PMA Certified Pilates Teacher and a PMA CEC Provider for continuing education. Pat is very active in the professional growth of the Pilates community. She has served on the Pilates Method Alliance Board of Directors from 2002 – 2008. Pat is also a Franklin Method® Educator, Level III and hosts Franklin Method Teacher Training. Pilates Conservatory® is the continuing education branch of her practice. She has traveled internationally and in the USA. She is a Distinguished Teacher on Pilates Anytime. Pat has published Stretch Out®Strap Shoulder Girdle and Arm Work. Pat attributes her daily practice of Pilates as a testimony in her ability to enjoy movement and sports as well as a personal path from illness to health and wellness. Pat has a mission to share the gift Pilates education with generosity to all who strive to become better teachers. It is a service and honor to pass on the work of our mentors so the joy and practice of Pilates, teaching, and sharing the knowledge that we have received from our journey shall remain the heritage of all.
www.patguytonpilates.com

10/17 13:00~15:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

Franklin Method Shoulder Girdle and Arm applied to Pilates Reformer
リフォーマーワーク:フランクリンメソッドの肩甲帯/腕を用いて


肩甲帯及び腕のポジションは手に、そしてコアに体重をかけるようなエクササイズ全てにお いてそれを正しく遂行するために非常に重要である。ジョーの生徒のひとりでありピラティ スマスターティーチャーのブルース・キングはある関節が過伸展位にあるとその上位および 下位にある関節も同じく過伸展状態になると言う。肘および手首を筋のサポートがある状態 で正しく使うことで過伸展を防ぐことができ、腕を肩関節とつなぐことができる。このワー クショップでは肩甲帯と上肢の基本的な機能解剖学の復習をする。リフォーマーのエクササ イズをいくつか取り上げ、健康的な機能のために修正、提案をしていく。
以下を学ぶ:
• 健康、活力を促進させ怪我を防ぐような腕/肩甲帯の機能的な構造、動作を教える方法
• クライアントに向けて肩甲帯/腕の基本的解剖学をどのように伝えるか
• ピラティスエクササイズの本来の目的を損なわずに機能的なエクササイズへ適応する方法
• 怪我から回復するクライアントをどのようにサポートするか

The shoulder girdle and arm positions are very important in the correct execution of any exercise that places weight on the hand and into the core. Bruce King, one of Joe's students and a master teacher of Pilates said that when any joint is hyperextended, the joint above and will avoid hyperextension and connect the arm into the shoulder girdle. In this workshop there will be a basic review of the functional anatomy of the shoulder girdle and arm. A selection of exercises on the Reformer will be presented with corrections and suggestions for healthy function.
You will learn:
• How to teach functional design and movement of the arm and shoulder girdle to promote health and vitality and to avoid injury.
• How to communicate basic anatomy of the shoulder girdle and arms to your clients.
• How to adapt exercise to include function and maintain the original intention of the Pilates exercise.
• How to support clients who are recovering from injury.


10/19 9:30~12:00/ヨガプラス五反田スタジオ

Franklin Method Level III Organ Movement: Heart and Lungs and Mat class
フランクリンメソッド レベルIII 内臓の動作:心臓と肺とマットクラス


骨、筋肉のバランスと動的なアライメントを促す動作、それがピラティスメソッドである。 しかしながらジョー・ピラティスは内臓と健康の関連について自身の書籍、記事で言及していた。生徒がピラティスエクササイズの実践を進めていくと、振り付けが定着し、よりエクササイズの深さが増していくところへ行き着く。内臓の動作の基本は指導者に内部を観察する術を与える。動的アライメントに内臓動作の理解を加えることはマット/マシン全てのエクササイズプログラムの進展をしていくためのより洗練された方法である。このワークショップでは心臓、肺、横隔膜呼吸の内臓の動作を提示する。内蔵動作の基本原則が提示され、マットワークへ適用される。これは年齢、スキルに関係なくマインドフルで内的な前進への道である。内臓へのキューは特にトップアスリート、傷害をもつクライアント、高齢のクライアントへ向けて有効である。
以下を学ぶ:
• 内臓の動作の原則
• 横隔膜呼吸
• 心臓、肺の機能的動作
※レベル1、2を取得していなくても受講できます。

Movement that encourages dynamic alignment with the balance of the bones and muscles is the Pilates method. However Joe Pilates spoke of the organs and the relationship to health in his books and articles. As the student progresses in the practice of Pilates exercise, there will come a point where the choreography is established and the work develops in more depth. The basics of organ movement will provide the teacher with an internal view. This addition of organs and the relationship to dynamic alignment is a more sophisticated approach to presenting program development in all mat and equipment exercise. This workshop will present the organ movement of the heart, lungs and diaphragmatic breathing. Basic principles of the movement of the organs will be presented and then applied to the Pilates Mat. This is the beginning of the path of mindful, internal progress for all ages and all skill levels. Organ cuing is especially useful for elite athletes, injured clients, and the older population.
You will learn:
• Principles of organ movement
• Diaphragmatic Breathing
• Functional movement of the heart and lungs
• Awareness of the coordination of organs moving with bones and muscles
• Organ cues for Pilates Mat exercises

▲ PAGE TOP


Samantha Wood

サマンサ・ウッド
Samantha Woodは1997年に理学療法士の資格を取得、PMA認定ピラティスインストラクター、全米ヨガアライアンス認定講師であり、BASIピラティスの国際的なファカルティメンバーである。南カリフォルニア大学でMBAを取得し、カリフォルニア州Pacific Palisadesにある施設、'The Cypress Center 'の代表を務めている。そこでは、ピラティスと理学療法が融合され、すべての年齢層と身体能力の人に対して提供されている。
Samanthaの臨床専門分野は、リハビリテーションに基づいたピラティス、ヨガセラピー、整形外科学、スポーツ治療、機能リハビリテーションに及ぶ。南カルフォルニア大学(USC)でスポーツ医学を専攻、学生アスレティックトレーナーからキャリアをスタートし、これまでに多くの著名人やアスリートを担当。
2001年からピラティスを学び始め、Rael Isacowitzに師事し、彼のアドバンスコースやメンタープログラム、マスタープログラムに多数参加している。ピラティスが怪我をしたクライアントの治癒をどのように促進できるのかに情熱を傾け、多くの人と彼女の知識や経験を共有することに喜びを感じている。 

Samantha Wood is a licensed physical therapist since 1997, PMA Certified Pilates Instructor, Yoga Alliance certified teacher, and an international educator and Associate Faculty member for BASI Pilates®. She has an MBA from USC and is the owner of The Cypress Center in Pacific Palisades, CA where Pilates is integrated with physical therapy for people of all ages and abilities. Samantha's clinical expertise includes Pilates-based rehabilitation, yoga therapy, orthopedics, sports therapy, and functional rehabilitation. She began her career in sports medicine as a student athletic trainer at USC. Since then, she has worked with many celebrities and professional athletes. While at HealthSouth in Arizona, she was the PT for the Phoenix Suns, Phoenix Coyotes, Phoenix Mercury, and Arizona Rattlers. Samantha began her Pilates studies in 2001 with Rael Isacowitz and over the years since has attended many of Rael's advanced courses, including the prestigious Mentor and Master Programs. She is passionate about Pilates and how it can enhance healing in injured clients and enjoys sharing her knowledge and experience with others. 

10/17 15:30~17:30/スタンダード会議室五反田3F

Pilates for Injuries & Pathologies: The Lumbar Spine
怪我・病理のためのピラティス:腰椎


このワークショップはピラティスインストラクターに腰椎に問題を抱えるクライアントとどう関わっていくか、 理学療法的アプローチを伝える。機能解剖学、生体力学、最新の論文を扱い、一般的な怪我や病理診断を説明 する。 参加者はオリジナルのピラティスレパートリーにおけるエクササイズの選択および/またはそのモディフィケ ーションに加え、これらの病理における留意点および/または禁忌運動を学ぶ。講義、ディスカッション、デ モンストレーション、実践練習を通し、最もよく見られる腰椎の病理を抱えるクライアントとどう関わりセッ ションをしていくか、安全な方法を学んでいく。

This workshop will teach Pilates Instructors a Physiotherapy approach to working with clients with lumbar spine issues. Functional anatomy, biomechanics, and current literature will be reviewed. Common injuries and diagnoses will be explained. Participants will learn precautions and/or contraindications for these pathologies, as well as options and/or exercise modifications to the original Pilates repertoire. Through lecture, discussion, demonstration and practice participants will learn safe ways to work with clients who suffer from some of the most commonly seen lumbar spine pathologies.


10/19 9:30~12:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

Pilates for Injuries & Pathologies:The Shoulder
怪我・病理のためのピラティス:肩


このワークショップはピラティスインストラクターに肩に問題を抱えるクライアントとどう関わっていくか、 理学療法的アプローチを伝える。肩関節複合体に関わる機能解剖学、生体力学、最新の論文を復習する。特定 の怪我、例)インピンジメント、肩回旋筋腱板損傷、癒着製関節包炎について議論する。 参加者はオリジナルのピラティスレパートリーにおけるエクササイズの選択および/またはそのモディフィケ ーションに加え、これらの病理における留意点および/または禁忌運動を学ぶ。講義、ディスカッション、デ モンストレーション、実践練習を通し、最もよく見られる肩の病理を抱えるクライアントとどう関わりセッシ ョンをしていくか、安全な方法を学んでいく。

This workshop will teach Pilates Instructors a Physical Therapy approach to working with clients with shoulder problems. Functional anatomy, biomechanics, and current literature related to the shoulder complex will be reviewed. Specific injuries such as: Impingement, Rotator Cuff Tears and Adhesive Capsulitis will be discussed. Participants will learn precautions and/or contraindications for these injuries, as well as options and/or exercise modifications to the original Pilates repertoire. Through lecture, discussion, demonstration and practice participants will learn safe ways to work with clients who suffer from some of the most commonly seen shoulder issues.


▲ PAGE TOP


石川英明

Hideaki Ishikawa

1990年よりフィットネストレーナーとしてデビュー。
運動指導の他、トレーナーの育成、大手スポーツクラブのディレクションなど精 力的に活動しながら、ピラティスの存在を知り、渡米。
2002年に完全認定を受け、日本でのピラティス指導の第一人者として活動。ま た、ピラティスメソッドアライアンス(ピラティス指導者の国際的な資格基準を制定する非営利組織)の 日本で数少ないピラティスティーチャーの一人。
各種アスリートを対象とした、ピラティス、ボディワークをはじめとするパ フォーマンストレーニングを指導するかたわら、独自のメソッド「スパイラルストレッチングメソッド」をスポーツ界に向け発信している。

資格:
・American college of Sports Medicine (ACSM) Certified Health Fitness Specialist
・American Council on Exercise®(ACE®) Certified Personal trainer
・Pilates method alliance(PMA®) Certified Pilates teacher/CE Provider

10/17 18:00~20:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

「What's Scoop?!」「お腹」の動かし方のコツを徹底解剖!

ピラティステクニックの一つである「スクープ」。お腹を薄く、引き上げて、へこませてなどのキューイ ングをより頭と体に理解させるためのワークショップです。このワークショップではスクープのコンセ プトをもとに、全身の動き、背骨、呼吸との関連性を理解しながら、貴方のスクープに「コツ」を教え ます。よく知りたい方、うまくなりたい方、また指導者の方も是非ご活用ください。


▲ PAGE TOP


出津恵子

Keiko Idetsu
1975年千葉県出身。高校を卒業後、総合病院にて理学療法助手をしながら東京衛生学園専門学校リハビリテーション学科に通う。
1998年、理学療法士免許を取得し、同病院にて中枢、呼吸、整形外科、社会福祉事業分野で多くの経験を重ねる。
2003年、バンクーバーに留学。医療・福祉分野でのボランティア活動をする中、日本におけるリハビリテーションの発展とその関わり方に興味を持つ。
帰国と同時に整形外科のリハビリ部門での活動を経て、2005年にSTOTT PILATES(R)の留学を決める。
2007年からSTOTT PILATES(R)公認・ライセンストレーニングセンターにて
養成コース、解剖学コースを通し、STOTT PILATES(R)認定インストラクタートレーナーとしての指導力、人間学、プレゼンテーションスキルなどの多くの基礎を身につける。
2011年、独立。
STOTT PILATES(R)の活動を広める傍ら、各フィールドで活動するインストラクターの基礎学習・指導スキル向上をサポートし、学習カリキュラムの開発を目指し、理学療法士とピラティス指導を合わせて指導を続けている。
1998年理学療法士取得、2007年にSTOTT PILATES®インストラクタートレーナーとして活動を始め、解剖学的視点を持ったエクササイズの指導を続けています。

10/19 15:30~17:30/Body, Mind and Spirit Research Lab

基本5原則に基づく、エクササイズ指導法

エクササイズ全体の効果を高めながら、お客様の活動や目的に合わせた指導スキルを身につけたい方にお勧めしています。解剖学的な視点を用いたピラティスセッションは定着しています。パーソナルでもグループクラスでも対応できるよう、実際にどんな事に役立つのか、なぜかという点を基本5原則の考えを用いてお客様に伝える方法を学んでいただけます。エクササイズを通して身体の使い方を知り、姿勢の特徴、筋力や可動性について等、幅広くお伝えします。
▲ PAGE TOP


尾陰由美子

Yumiko Okage

アクトスペース企画 代表取締役
・NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会会長
・公益社団法人日本フィットネス協会理事/AQS
・財団法人日本コアコンディショニング協会A 級講師
・大塚製薬フィットネスプロスタッフ
トップインストラクター
・AVIAプロモーションスタッフ
・NESTA JAPAN PDA
・関西大学非常勤講師
・シナプソロジー開発プロジェクトメンバー&教育ディレクター
・パンジョクラブイズアドバイザー
・スポーツフォーラムシーマックスアドバイザー
・エイムアクアアドバイザー

指導分野:
エアロビクス、アクアエクササイズ、ヨガ、ピラティス、ジャイロキネシス、
スタジオエクササイズ全般、高齢者対応プログラム、機能改善系プログラム、
パーソナルトレーニング、ジャイロトニック、ピラティス、コンディショニング全般

資格:
・健康運動指導士、ヘルスケアトレーナー
・産業カウンセラー、心理相談員
・JAFA/AQS
・トレーニング指導士
・ジャイロトニック認定トレーナー
・ジャイロキネシス認定インストラクター
・フランクリンメソッドエデュケーター
・NOSS認定インストラクター&講師

略歴:
大阪府堺市出身。17歳の頃からモダンバレエを始め、19歳の時に東京で演劇活動を始める。
演劇活動と平行しながら、21歳よりジャズダンス、子供バレエ、バトントワリングなどの指導を行い、
23歳の時にエアロビクスに出会い本格的にフィットネス活動を始める。
スタジオウィルチーフインストラクターを経て、25歳の時に大阪のパイナップルシティでマネージャ兼チーフインストラクターとして、インストラクターの養成、研修、新規プログラムの企画開発に関わり、結婚出産を機に1988年1月「アクトスペース企画」を設立し、1999年5月「(有)アクトスペース企画」として法人化、2005年4月「NPO法人いきいき・のびのび健康づくり協会」設立。

2007年4月に堺市中百舌鳥に Mind&Body Conditioning Studio five 'f' をオープンさせ現在に至る。
スタジオのエクササイズから水中のエクササイズまでありとあらゆるプログラムを指導。
多くのフィットネスクラブのアドバイザーを務めながら、新規プログラムの開発、人材育成、様々なシステムの構築、 イベント企画に精を出している。

最近は、特に高齢者やリスク者に対応した運動プログラムを積極的に行っている。
グループ指導からパーソナル指導までこなす。また、全国を飛び回っての啓蒙活動(ワークショップ、研修、養成コース)に忙しい日々を送っている。

10/17 13:00~15:00/スタンダード会議室五反田3F

ひめトレを使って骨盤底筋へのアプローチ

日常生活においてもピラティスを行うときも、無駄な力を抜いて、目的とすることがスムースにできるために骨盤底筋群へのアプローチを考えてみませんか?小さな「ひめトレポール」の上に座るだけで骨盤底筋群の感覚入力ができ、姿勢や呼吸が楽に整っていきます。骨盤底筋群のメカニズムを学びながらピラティスのムーブメントを活用し、しなやかな身体のお手入れ法をお伝えします。

※妊娠中の方はご参加頂けません。産後は3ヶ月後からご参加頂けます。



※「ひめトレポール」通常2,916円→2,800円(税込)で当日会場にて販売いたします!


▲ PAGE TOP


桑原匠司

Shoji Kuwahara
PHI Pilates Japan代表として、クライアントの要望に応じ、結果を出す事を目的としたピラティスの教育に力を入れている。関電病院客員研究員として糖尿病と運動についても研究し、2012年世界糖尿病学会にて発表。健康なアスリートや一般人だけでなく、整形外科的疾患に対しての運動療法を得意とする。株式会社CODE7代表取締役、PHI Pilates Asia bloc Director、立命館大学非常勤講師。

実習経歴:
1999~2003年まで、NCAA Division I 各種スポーツにて実習
(男女バスケットボール、ベースボール、男女水泳・とび込み、男女陸上競技、クロスカントリー、女子バレーボール、など)
2001年 イリノイ州カーボンデール市立病院リハビリセンター"リハブ・アンリミテッド"で研修
2001年 障害者陸上競技大会イリノイ州大会にてトレーナーのボランティア
2001年 イリノイ州マリオン市立病院にて救急救命士実習
2002年 ウィダー博士のカイロプラクティック・クリニックにて研修

プロフェッショナルでの実習経歴:
2000年 夏 プロ野球 パ・リーグ オリックスブルーウェーブ(現・オリックスバッファローズ)にて実習
2002年 春 MLB ナショナルリーグ・ピッツバーグパイレーツにて実習
2003年 春 MLB アメリカンリーグ・シカゴホワイトソックスにて実習
2004年 8月 NFL ピッツバーグ・スティーラーズにて見学・実習
2005年 8月 NFL ピッツバーグ・スティーラーズにて見学・実習
2005年 8月 NFL ピッツバーグ・スティーラーズにて見学・実習

資格:
2000年 応急処置・心肺蘇生法 資格
2002年 イリノイ州認定 救急救命士 資格(2006年まで)
2003年 全米アスレチックトレーナーズ協会公認(National Athletic Trainers' Association公認) アスレチックトレーナー
2007年 PHI Pilates 認定 Master Pilates Instructor
PMA(Pilates Method Alliance) 認定Certified Pilates Teacher
ピラティスの国際資格(日本初の取得)

会員:
2002年 イリノイ州救急救命士協会 会員
2003年 NATA 会員
2003年 Association Of Professional Ball Players of America 会員

学会発表:
2007年7月28日 「メディカルフィットネスにおけるATCパーソナルトレーニング効果の検討」第26回臨床運動療法研究会 於神戸商工会議所 神商ホール

TV出演:
2007年5月10日 NHK 「ぐるっと関西おひるまえ」にて紹介および腰痛予防エクササイズ指導のため生出演
2007年5月17日 NHK 「ぐるっと関西おひるまえ」にて肩こり予防エクササイズ指導のため生出演
2007年6月21日 NHK 「ぐるっと関西おひるまえ」にて椅子を使用して行うエクササイズ指導のため生出演
2007年9月18日 NHK 「ぐるっと関西おひるまえ」にてタオルを使用してのCOREエクササイズ指導のため生出演
2007年10月より2008年1月まで NHK 「ぐるっと関西おひるまえ」レギュラーにて健康指導のため生出演

専門誌:
2006年11月 「ショルダープログラム」トレーニングジャーナル11月号 ブックハウスHD社

著書:
2006年9月 「Pilates Mat Work」翻訳 Word Association Publishers

10/17 18:00~20:00/スタンダード会議室五反田3F

肩甲骨と膝まわりの疾患の指導法

この講義の目的は、ピラティスを薬の処方のように、どのタイプのクライアントにはどのエクササイズや エクササイズの組み立て方がもっとも効果的な処方なのかを知ることです。今回は肩甲帯と膝まわりの 疾患ついてその原因と、ピラティスでの対処法を説明します。機能や姿勢が改善されれば大半の慢性的な 骨格筋の痛みはとれ、パフォーマンスは改善されます。この講義では、受講者は基本的な機能解剖の知識 があることが勧められます。


▲ PAGE TOP


酒井里枝

Rie Sakai
Pilates Movement Space INC創始者、代表
動きの理論の基礎的コンセプトを伝えるという理念の元に
精神と心と体のコンディショニングを伝えるPMSを設立
1998年よりPilates のプライベートトレーナーとして経験を積む
NY Movement Afoot, Lesley Powellに師事
Madelin Black, Doris Powell, Kelly Kaneとムーブメントセラピストの教えを学ぶ
2011年よりBalanced Body Pilates資格認定プログラムの教員


10/19 18:00~19:30/ヨガプラス五反田スタジオ

考えるより感じる!フルローラーを使用して体の空間、バランスをみつけましょう!

空間認識を感じる事でより身体感覚、コア、バランス、トーン、動きが質のいいものに変わります。 意識を自分の体の中に向け意識を少し加えることで体の感覚を高めましょう。 このクラスではフルローラーを使用してより神経回路に働きかける作業をします。 普段体を酷使している方におすすめです。


▲ PAGE TOP


櫻井淳子

Junko Sakurai
ピラティスメソッドジャパン(株)代表取締役
インストラクター・オブ・ザ・イヤー2010最優秀賞
PILATES BODY Studio/日本ピラティスアカデミー®主催
元物理化学研究者。妊娠・出産における体調不良時にピラティスに出会う。日本でも世界と変わらないピラティスの真髄を伝えたいと言う信念のもと、国内外で習得を重ね、現在ではエルダーの一人であるロリータ・サンミゲル女史の元で国際的な学びを続けている。自社スタジオの他、指導者の育成、各種講師、スタジコンサルティング、メディア出演等、ピラティスを通して全国的に活躍している。


10/17 15:30~17:30/ヨガプラス五反田スタジオ

PILATES FOOT WORK(ピラティス フットワーク)

ピラティスと言えば体幹へのフォーカスが多くなりますが、もともと多くのフットワークがありました。ピラティス氏自身も、フットワークの重要性について提言していたと言われています。足の役割をやさしい解剖学で理解しながらフットワークに取組み、また実際のピラティスの動きにも当てはめて 行きます。足について理解を深め、機能改善の方法を学ぶことで、しなやかな動きや姿勢改善など、全身への良い影響も期待できます。初心者から経験者まで、いつもと違う視点でピラティスに取組んで頂けます。


▲ PAGE TOP


菅原順二

Junji Sugahara
Body Element System Japan ディレクター/ NESTA Japanテクニカルアドバイザー
1978年生まれ、東京都出身
法政大学ラグビー部でプレーした後、「世界最高峰でラグビーがしたい!」と思い、単身ニュージーランドへ渡り、2シーズンプレーする。帰国後、法政大学ラグビー部のヘッドフィジカルコーチとして活動を開始、その後も小学生から社会人まで様々なチームのコーチを歴任。ジュニアへのラグビーの普及・育成をライフワークとしている。
プレイヤー時代から体幹(コア)の重要性を感じ、また怪我に苦しんだ時にピラティスに出会い、「理想の姿勢と無駄のないカラダの使い方」を追求。 そして09年イタリアに渡り、マスターストレッチ・ボディキーを学ぶ。
現在はtraining studio aranciaの代表として、プロのアスリートやダンサーのパーソナルトレーニングを中心に活動している一方、ピラティス・マスターストレッチ・ボディキーの指導者育成・普及・ワークショップの企画・運営にも携わり、テレビ、雑誌の監修も多数。

資格:
全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)
Body Element Pilates マスターティーチャ—
BodyKeyマスタートレーナー
MasterStretchマスタートレーナー
日本eコーチング協会ベーシックパフォーマンスアナリスト(CBPA)
TRX Suspension Training Course (L1)
ViPR インストラクター

ホームページ:
http://www.body-element.org/
http://www.arancia78.jp/

10/17 15:30~17:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

ミニボールを使ったプレピラティス

常にピラティスは進化しています。「故きを温ね新しきを知る」が今回のテーマ。 クラシカルマットも素晴らしいですが、今回は優しく身体を動かす「プレピラティス」をご紹介します。「プレピラティス」とは、ピラティスを安全に効果的に行うためのウォームアップのようなものです。
関節の正しい使い方、特に脊柱の動きにフォーカスを当て、コアとの連動を感じながら動いて頂きます。
さらに今回は、身近なギアである「ミニボール」を使った「プレピラティス」になります。「ミニボール」は使い方次第で、動きの誘導、ストレッチ、リリース、コアへの意識を高めてくれます。
また、持ち運びにすぐれ、誰でもすぐに取り入れられるギアです。 初心者~上級者まで是非知っておいて頂きたい内容になっております。 現場ですぐに使えるムーブメントを中心にレッスンを進めますので、運動できる服装でお願いします。


▲ PAGE TOP


高田香代子

Kayoko Takada
薬学部卒業後、化粧品会社研究所にて健康美容製品の開発研究に従事したことがきっかけとなり、フィットネスインストラクターとなる。筑波大学大学院体育研究科において健康運教育学を専攻。健康運動の中でもピラティスメソッドを専門に技術習得。現在は、米国の主流団体の一つ、ピークピラティスの教育スタッフとしてピラティスのインストラクター育成、指導をおこなう。一方、普及のための心理•マーケティング アプローチの研究中。

肩書き:
ピークピラティス レベルⅣマスターインストラクター、
社団法人 ピラティスアライアンス理事長
薬剤士、体育学修士、MBA(経営学修士)、筑波大学ビジネス科学研究科企業科学専攻(博士課程)

取得資格:
ピークピラティスフル認定、ストットピラティスフル認定
薬剤士、体育学修士、健康運動指導士、アメリカスポーツ医学会認定ヘルスフィットネススペシャリスト

著著及び監修書】
著書「ヨガ&ピラティスーほぐして→ひきしめる」(永岡書店)
共著「健康の科学−運動処方とデータ収集法の実際」(金芳堂)
監修書「伊達公子とミハイル•クルムのパートナーピラティス」(集英社)
   「伊達公子のピラティスレッスン」(NHK出版)
   「高橋克典流肉体改造」(サイバーエージェント)

TV出演及び監修:
・はなまるマーケット
・わくわく流
・伊達公子のピラティスレッスン

10/19 15:30~17:30/スタンダード会議室五反田3F

Boost up Pilates〜心と身体にフルアクション:クラシカル・ピュア・ピラティスアプローチ〜

実技とレクチャーのクラスです。 実技では、動きの質を高めていただきます。基礎技術、モディフィケーションから多彩なバリエーションで チャレンジを与えつつ、ジョー・ピラティス達が使っていたイメージ、キューイングも含めた各エクササイズの 本質に迫り、スキルを磨きあげます。またレクチャーでは、ピラティスを行うことで、生理学的に(減量や健康) どのような効果が期待できるかをわかりやすくお伝えします。 クラシカル・アプローチ"芸術と科学の産物:Pilates"を、身体、精神(知性)、感情の三位一体でフルに体感 いただきます。ピラティスの技術を向上したい、知識を高めたい、クラシカル・アプローチに興味がある方に 最適な内容を提供いたします。

11月29日(土)30日(日)開催
「PeakPilatesイントロダクション トゥ ピラティス」ご参加ご検討の方

今回のピラティスワールドの高田香代子先生の講座へお申し込み頂いた方は、 受講料 通常38,000円→33,000円(税抜価格)にて、受講頂けます。
※「PeakPilatesイントロダクション トゥ ピラティス」にお申し込みの際に、ピラティスワールドへ申し込んだ旨をお伝えください。 お名前を確認後、割引価格にてご案内致します。


▲ PAGE TOP


武田淳也

Junya Takeda

・広域医療法人明和会スポーツ・栄養クリニック 理事長
・Polestar Pilates Educator
・Pilates Lab代表
・日本カラダ取説協会 理事長

福岡大学医学部卒。日本整形外科学会認定専門医・スポーツ医・運動器リハビリテーション医・リウマチ医、日本体育協会公認スポーツドクター、抗加齢医学会専門医、糖尿病療養指導医。国内外の著 名病院にてスポーツ医学を修め、スポーツドクターとしてオリンピック、ワールドカップ、全日本ス キー医事委員、ラグビートップリーグチームドクターなどを経験。米国、セントフランシスメモリアル病院スポーツ医学センターでピラティスと出会い、2005 年、アジア初の Polestar Pilates リハビ リテーション(国内で一人目のコンプリヘンシブ)認定指導者を取得し、国内初のピラティスを取り 入れた医療機関を開設。2008 年第 8 回 PMA 国際カンファレンス(アリゾナ)にて日本人初のワークシ ョッププレゼンターを務める。日本のピラティスの発展のために Brent Anderson(Polestar Pilates 代表)だけでなく、Deborah Lessen, Pat Guyton, Mary Bowen, Sherri Betz など、多くの世界の優れた Pilates Teacher を団体にこだわらず、率先して日本に最初に紹介・招待し、自らも学びを深めた。 また、ピラティスのみならずスポーツ医学・コンディショニングのエキスパートドクターとして知られ医学会での講演、著作、メディアなど多方面で活躍。現在、ピラティス指導者の教育者(Educator)として後進の育成に務める一方、ピラティスを一般の人々に広げるために開発した、著書 「カラダ取説」(徳間書店)も出版されている、「カラダ取説」プログラムの普及をライフワークとしている。日本経済大学スポーツ経営学科客員教授、日本抗加齢医学会評議員、運動器抗加齢医学研究会世話人。日本ピラティス研究会会長、骨盤底筋フィットネストレーニングプログラム「Pfilates」インストラクタートレーナ ー兼アジアエリア・コースコーディネーター、 体幹トレーニング法「CoreAlign」認定トレーナー兼日本 国内コースコーディネーター、ToeSox Japan CEO、T8 Fitness Japan 代表、ストレッチ&コンディショニ ング「Dr.Plus」顧問も務める。

著書:
Pilates のバイブル「Return to Life through Contrology」、邦題「ピラティスで本来のあなたを取り戻す」(現代書林)、「ゴルフ解剖学」(ベースボールマガジン社)の監訳・編著者、「100 歳まで寝たきりにならないエクササイズ」(マガジンハウス)、「100 歳までボケない脳トレボール」(マキノ出版)、「腰痛のリハビリテーションとリコンデショニング」の共著者、「臨床スポーツ医学 Vol.30,No8,2013: 特集アスリートの腰痛に対する保存療法、ピラティスによる腰痛管理」、「臨床スポーツ医学 Vol.30,No12,2013:特集アスリートに対するコンディショニング、ピラティスによる体幹トレーニング」「腰痛のリハビリテーションとリコンデショニング」(文光堂)の共著者、「臨床スポーツ医学 Vol.30,No8,2013: 特集アスリートの腰痛に対する保存療法、ピラティスによる腰痛管理」(文光堂)、「臨床スポーツ医学 Vol.30,No12,2013:特集アスリートに対するコンディショニング、ピラティスによる体幹トレーニング」(文光堂)の著者。 近著(監訳)に「ダンス解剖学」(ベースボールマガジン社)、「膝と股関節の関節症と術後(関節形成 術)のためのピラティス」(ガイアブックス)がある。

TV 出演:
テレビ東京「主治医が見つかる診療所」、「別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ」、NHK 総合「あさイチ」、TBS テレビ「はなまるマーケット」等多数。「カラダ取説」から発案・監修した椅子でできる「健康スイッチ体操」は、番組冒頭に毎週月〜金まで毎日長期間放映。

10/19 13:00~15:00/スタンダード会議室五反田3F

回旋スポーツにおける障害とスポーツ医学
~Pilatesインストラクターに知って欲しいこと、プラス+実践的指導法~


日本人最初の Polestar Pilates Comprehensive Educator であり、著書:ダンス解剖学、ゴルフ解剖学〜ベースボールマガジン社、の監修者でもある整形外科医、スポーツドクターの立場から、回旋スポーツのクライアントに対して、Pilates 指導者がコンディショニングを担当する際に、機能解剖学的、スポーツ医学的に是非知っておいて欲しい、明日からの指導に即、活用できる実践的な情報を厳選して教える ワークショップクラスです。クラスでは主に、ダンス、ゴルフ、テニスを例にします。


▲ PAGE TOP


建部弥恵

Yae Tatebe

California Irvine Valley CollegeのFitness Specialist科を卒業後、California State University Long Beach校に編入しKinesiologyを専攻、さらに身体の構造と機能を主に、他は解剖学、身体運動学、身体学、身体心理学、スポーツトレーニング、栄養学、アスレチックトレーニングなどを学ぶ。学士取得後はアメリカ大手フィットネスクラブのBelmont Athletic Clubにパーソナルトレーナーとして勤務。
Body Arts and Science Internationalの創始者である Rael Isacowitzに出会う機会に恵まれ、ピラティスという身体的機能性だけでなくMind & Spiritの安定と向上を高める身体技法を知り感銘を受け、フィジカルパーソナルトレーナーからピラテイスインストラクターへと転職。
Rael Isacowitzに師事しアシスタントとしてカリフォルニア州ニューポートビーチにあるBody Arts and Science International総本部のスタジオにて、多くの生徒を指導しBASI Facultyとして昇進する。
現在はBody Arts and Science InternationalのFacultyとして日本をベースにBASIインストラクター養成コース指導、2000人以上のインストラクターと関わることで自身の成長を楽しんでいる。
2013年はPilates On Tour、Learn From The Leaders Conference、BASI Mentor Program、Pilates Day、などの世界で行われるカンファレンスに参加している。

10/19 18:00~20:00/スタンダード会議室五反田3F

実践を変えるために重力の身体への作用を理解しよう

人体のような複雑な形の物体に重力はどのように作用しているのでしょう。重力作用がムーブメントにおいて どう働いているのかを理解する事で、より安全にそして効果的に実践を継続する事ができます。 このワークショップでは、重力の定義から、様々な動きの中での作用を見ていき、実践を通してより個人に 適切なモディフィケーションやアシストを見つけていく作業を行います。 継続は力なり、でも正確性とコミットメント無しでは力にはなりません。重力を理解する事でピラティスの 原則をより深めた実践とができるようになるでしょう。


▲ PAGE TOP

千葉絵美

Emi Chiba
FTPピラティスマスタートレーナー/マタニティピラティストレーナー。
銀座にある自社スタジオstudio-emiは今年2月に10周年を迎え、今後もピラティス普及活動やママたちの心身ケアを努めていきたい2児の母。
「様々なメディアや地方のセミナーでのピラティス普及活動に努めている。
また、モデル事務所SATORU JAPAN主催「美人塾」にてモデル養成コースを受け持つ経歴も持つ。

著書:
「キレイになるピラティス(白夜書房)」「キレイやせピラティスDVDレッスン(主婦と生活者)」「美人やせピラティス(幻冬舎)」他6冊

メディア:
雑誌:FRaU CREA 25ans MAQUIA  SPUR Body+ 等多数
Web:ユニチャーム骨盤底筋群エクササイズ指導
MAZDA DEMIO Web広告 
ワコールラブエイジング 等多数
TV うたばん 笑っていいとも ヒルナンデス ぴったんこかんかん 等

10/17 13:00~14:30/ヨガプラス五反田スタジオ

モデル級、美しい姿勢づくり

美しい姿勢の作り方をピラティスの動きを交えてレクチャーします。日ごろからピラティスをしている方でも初心の方でも大丈夫です。 立っている時や座っている時の正しい姿勢を憶えた上で、美しさも引き立てるにはどうするか、というエッセンスも加えていきます。 姿勢は全てに通じます。体を動かしながら姿勢も正す。そして美しくなる体を手に入れると心も元気になっていきま す。日ごろから自分の姿勢に疑問を持っている方や、自分の生まれ持ったスタイルを最大限生かしたい方、心身の健康と美しさを目指す方の受講をお待ちしています。


▲ PAGE TOP


根本由美

Yumi Nemoto
学生時代よりダンスなどを通して動きを追求することの楽しさを実感。
ピラティスとの出会いにより、体の仕組みなど、解剖学的な側面からの視野も持てるようになり、ワークの奥深さを知る。
マリジョゼ ブロム先生との出会いにより更に深い学びがあり、自身の体の変化も確信的に感じ、それを伝えることができるピラティスセッションにおいては、クライアント個々の身体の特性に合わせながら、動きのもつ可能性を伝え続け、アスリート、ダンサー、様々な専門家の方や、一般の方々と、多くのセッションを担当している。
資格:
ネバダ州立大学公認ピラティスインストラクター資格
CARDIOLATES 資格
polestar pilates 修了
歯科衛生士
Balanced body Trapeze Table/Cadillac module
Marie-Jose Blom PLC M1,2,3
Marie-Jose Blom PLI M1
Core Intelligence
Smart Spine 
Fusion Pilates 産前産後ケア

10/17 18:00~19:30/ヨガプラス五反田スタジオ

From hard core to smart core!!〜足からのつながりを感じよう〜

力みのないところで動く事の心地よさを実感していただけるアプローチ方法についてレクチャーします。中でも、足からのつながりや、呼吸がもたらしてくれる効果から、動きの可能性が広がります。呼吸から生まれる体の中の動き、ブリージング ウェーブにより、仙骨のもつ独特な動きも学んでいきます。クライアントに触れる、ハンズオンテクニークを用いて、筋膜へのアプローチをし、無理のない心地の良い動きを導き だし、言葉によらないアプローチの持つ可能性も高まります。また、骨が本来持っているナチュラルな動き、ボーンリズムに基づきながらのワークも行います。身体の内側からの、自然でしなやか、弾力と強さのある、動きを味わって頂けることでしょう。


▲ PAGE TOP


Hugo Gustavo Codaro

ヒューゴ グスターボ コダーロ
・ピークピラティス国際認定トレーナー
・プライマリーウォーキング協会 マスタートレーナー 
・Flexcushion ジャパン マスタートレーナー
アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。ブエノスアイレス体育大学卒業後同校スイミングコーチ資格取得、1983年の来日以降、フィットネスインストラクターとして日本各地のスタジオはもちろん、アテネ・ミラノ・パリ・マドリッドなど世界各地にて活躍。2000年、表層にとどまらず呼吸法や深層筋へも意識を働かせて、身体全体の能力を高めるエクササイズ「ピラティス」に出会い、その有効性に共感する。以後、様々なレッスンを経て、現在ではピークピラティスの国際トレーナーとして、ピラティスの普及・スタッフの育成に努めている。また、フィットネスで研ぎ澄まされた身体を生かし、雑誌「LEON」のメインモデルとしても活躍していた。

10/19 8:00~9:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

Hugo-バンドEx

マットエクササイズは、ピラティスメソッドの起源であり、基盤です。それと共に、サポートがないために最も身体にチャレンジが求められます。用具を使うことによって身体の補助をしながら意識を高められることが出来ます。セラバンドを使うことでピラティスに欠かせないレングス(長さ)やオポジション(逆方向に引っ張り合うこと) が意識しやすくなります。 音楽に合わせて流れるHugo'sオリジナルのフィットネス・フューションクラスをお楽しみ下さい。


▲ PAGE TOP


Mami

Mami Sato
ピラティスインストラクター
・Body Control Pilates Certification
・Body Control Pilates
Antenatel  & Postnatal pilates
・studio yoggy ピラティスプログラムディレクター

スタジオ・ヨギーにて、マタニティ、産後リカバリークラスから一般クラスまで指導中。
ヨギー・インスティテュートにて、スクール講師を担当。
現在も、マタニティスペシャリストやメノポーズカウンセラーなどを務め、様々な専門分野から横断的に学びながら、研鑽に努めている。指導対象はシニアをはじめ、初心者からインストラクターまで、ていねいでわかりやすいインストラクションに定評があります。


中井真吾

Shingo Nakai
解剖学講師。
早稲田大学大学院人間科学研究科修了、日本学園高等学校 アスレティックトレーナー、介護老人保健施設ピースプラザ(理学療法士)、静岡産業大学経営学部 非常勤講師、
2009年よりビューティ・ペルヴィスプロフェッショナルコース修了生向け特別講義を担当。高校生のクラブ活動や高齢者施設でのリハビリなどジュニアからシニア層まで障害からの回復、パフォーマンス向上、健康管理の業務に従事している。また、その経験を活かし、大学や専門学校、指導者養成講座などにて現在まで多数の講師活動を行ってきている。
2011年より ヨギー・インスティテュートにてヨガアナトミー・インテンシヴコース(YAC)講師

10/19 13:00~14:30/ヨガプラス五反田スタジオ

~マタニティからシニアまでスペシャルニーズに答えるメソッド~ 『ボディコントロール・ピラティス』

クラスにシニアの方が増えてきたと感じたり、怪我や体力の理由でエクササイズが難しい方を、どのように安全かつ効果的に導いていこうか、と悩むことはありませんか? ボディコントロールピラティスは、様々な理由でエクササイズの段階が多く必要な方に対して、100以上の動きの中から安全かつ効果的なエクササイズを提供できるメソッドです。このクラスでは、実技と解剖学の 両面からアプローチしていき、今後シニアの指導を行いたい方や、低体力者にもピラティスエクササイズとして提供できるものを知りたい方、などにおすすめのクラスです。


▲ PAGE TOP


本橋恵美

Emi Motohashi
体幹トレーニングを専門に、プロ野球・ラグビー日本代表・オリンピックメダリストなどトップアスリートへ指導。体幹を重視した「アスリートピラティス」や、「Pillar(支柱) Yoga」「COREVITY」を構築・提唱する。また東洋医学を取り入れた静の運動療法「アロマフットセラピー」スペシャリスト。また医療法人・自治体向け健康セミナー、人材育成教育事業として養成コースを全国展開している。その他フィットネスクラブ・ヨガスタジオ顧問、化粧品メーカーの商品開発などプロデュースする。

資生堂「AYURA」プロデューサー
森永乳業「ビヒダス」アドバイザー
三菱東京UFJ銀行ライフスタイルアドバイザー
日本工学院八王子専門学校スポーツ学科非常勤講師
(株)ライフウエルスタジオプロデューサー

資格:
・ Workout World JAPAN認定
  オーセンティックピラティスインストラクター
• 英国Pilates Clinic LONDON認定ピラティスインストラクター
・ ISHITA YOGA認定インストラクター
・ 全米ヨガアライアンスヨガインストラクター
・ 日本フットセラピスト協会認定マスターフットセラピスト
・ NPO法人日本eコーチング協会認定
  パフォーマンスアナリストスポーツデータ分析マスター
• TRXサスペンショントレーナー
• ViPRトレーナー

著書・DVD・執筆活動:
著書「スポーツに効く!体幹トレーニング」
著書「身体機能が10歳若返る大人の体幹トレーニング」
著書「ゴルフヨガ」
DVD『体幹トレーニング FOR ALL SPORTS』Ⅰ・Ⅱ全8巻
他、10本/月企業ウエブサイト・雑誌等にてコラム執筆


トレーニング実績:
・ラグビー日本代表体幹強化スポットコーチ
・明治大学ラグビー部体幹トレーニングコーチ
・ラグビー近鉄ライナーズ体幹強化スポットコーチ
・ラグビー日本IBMビックブルー体幹強化スポットコーチ
・ロンドン五輪柔道金メダリスト松本薫トレーニングコーチ
・横浜ベイスターズ体幹強化スポットコーチ
・豊田自動織機女子ソフトボール部スポットコーチ
・プロ野球(内川聖一・下柳 剛・石井啄朗etc)
・広州アジア大会セパタクロー金メダリスト松田祐一トレーニングコーチ
・BMX世界チャンピオン内野洋平トレーニングコーチ
・フリーダイビング世界ランク4位篠宮龍三トレーニングコーチ
・トライアスロンアジアチャンピオン山本良介トレーニングコーチ
その他、Jリーグ・バスケットボールbj・アナウンサー・タレント等

メディア・媒体実績:
・NHK総合「おはよう日本」出演
・NHK-BS2「あなたとエアロビック」レギュラー
・NHKハイビジョン「アクアビクスin SAIPAN」レギュラー
・NHK-BS1「ラン×スマ」出演
・日テレ「スッキリ」「中井正広のブラックバラエティ」「ミュージックドラゴン」出演
・テレビ朝日「報道ステーション」
・フジテレビ「ウーマンズサロン」出演
・ソニーウォークマン監修・WEB出演
・任天堂「『Wii Fit』公式解説本」出演
・雑誌「クロワッサン」表紙・監修


10/19 13:00~15:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

ヨガを深めるためのピラティス

ピラティスとヨガには相乗効果があります。ピラティスを知ることで、ヨガの完成ポーズにこだわらず、そこに至る過程を楽しむ事ができるのです。より深層筋に対しての意識が深まり、より体幹を強化し、背骨や骨盤に対して違う角度からアプローチできるようになります。その結果、無駄や負担のないシンプルな動作が可能となります。ヨガの神髄を深めるためにピラティスが大きな影響を及ぼす理由をこのセミナーでご紹介します。


▲ PAGE TOP


安井洋子

Yoko Yasui

BODY MODE チーフインストラクター、
STOTT PILATESフル認定インストラクター、
STOTT PILATESフル・インストラクタートレーナー
日本エアロビック連盟認定S級審判員・テクニカルアドバイザー

20年以上の豊富なフィットネス指導経験を持ち、傍ら17年間エアロビクス競技会に出場し、1996年SUZUKI JAPAN プレサーキット 1位、腰痛をピラティスで克服し、2003年WAC,2004年WSAC日本代表として出場し入賞する。現在も、審判員として活動中。
2003年にSTOTT PILATESのアカデミーに参加し指導を始め、フル認定インストラクターとなり、2007年にSTOTT PILATESインストラクタートレーナーとなる。現在はポストリハビリからアスリート選手まで幅広くセッション指導をしながら、アカデミーは全コースIMP(マット)からISP(リハビリテーション)まで担当する。また積極的にインストラクター向けのワークショップを開催し、昨年大阪で開催されたワールドツアーでは通訳アシスタントとして参加している。

10/19 15:30~17:00/ヨガプラス五反田スタジオ

STOTT PILATES Mini Stability Ball Workout
ミニスタビリティボールを活用したマットピラティス


マットピラティスに、約20cmの小ボールを活用したプログラムです。全身の筋力とコンディションを整えて行きます。小ボールを使用したエクサイズを通して、周囲の筋肉を伸ばしながら強くし、体幹の安定と背中の動きに焦点を置いて、姿勢の向上をして行きます。既存のエクサイズに、バリエーションと面白さを出す方法も参考にして下さい。ピラティスに慣れていない方が、楽しめるアイデアが詰まっています!


▲ PAGE TOP


山口由紀

Yuki Yamaguchi

プロフィール
・Polestar Pilates (Mat・Reformer・Rehabilitation)Mentor
・フランクリンメソッドエデュケーター
・GYROTONIC Trainer
・理学療法士
・介護支援専門員

理学療法士として総合病院勤務後、介護・福祉現場に多く関わる。
その中で、故障の原因への理解やその予防の重要性を強く認識するようになる。
一方で自身もダンスによる数多くの故障やケガによりピラティスと出会う。
リハビリに特化したコースを持つポールスターピラティスにて研鑽を積むと同時に、本質的な動き、動きと心理的な関係などにも関心を持つようになり、フランクリンメソッドや認知心理学などへも学びを進める。
現在はピラティスの後進の指導の他、ダンサーや舞台芸術への身体表現の指導、インストラクター・トレーナーへの解剖学ワークショップやフランクリンメソッドワークショップなどを定期的に開催している。

10/19 18:00~20:00/Body, Mind and Spirit Research Lab

Pilates meets フランクリンメソッド

ピラティスを指導する際にゴールにしていることは何でしょうか? 機能の向上、エクササイズの正確性、達成感などなど様々な方向からのアプローチがあると思います。このクラスでは身体の構造と本来の動きを知り・感じ・動くフランクリンメソッドの要素を多く取り入れて、ピラティスのエクササイズを行います。ゴールは体を感じる、エクササイズで何をしているかが分かる、快適さを感じることです。今回はピラティスのクラスでよく注目される背骨と骨盤をテーマにしていきます。クラスの中で心も体も繋がる感じをぜひ味わってみてください!


▲ PAGE TOP


参加される皆さまへ

NEWS

2014/10/1
満席情報を更新いたしました。
詳しくはタイムスケジュールをご確認ください。
2014/9/29
満席情報を更新いたしました。
詳しくはタイムスケジュールをご確認ください。
2014/9/22
[重要]ご参加される皆さまへ
よくある質問をUPしました。
2014/9/22
高田香代子先生の講座へお申し込みの方は、11月開催「PeakPilatesイントロダクション トゥ ピラティス」受講料が割引適用されます!
詳しくは講師紹介をご確認ください。
2014/9/22
残席わずかの情報を更新いたしました。
詳しくはタイムスケジュールをご確認ください。
2014/9/19
[重要]ご参加される皆さまへ
マットレンタル、購入に関してのお知らせをUPしました。
2014/9/12
おかげさまで満員の講座が出て参りました。
参加をご検討の方は、お早めにお申込みくださいね!
詳しくはタイムスケジュールをご確認ください。
2014/8/11
お待たせいたしました!
全講座販売スタートしました!
2014/7/20
一部講座、先行発売スタートしました!
2014/7/1
Pilates World 2014
公式サイトをオープンいたしました!
情報は随時更新いたします!お楽しみに!

ACCESS

10/17、19<第1会場>
スタンダード会議室五反田3F

東京都品川区西五反田2-21-1五反田Kビル3F

10/17、19<第2会場>
ヨガプラス五反田スタジオ

東京都品川区西五反田2-21-1五反田Kビル2F

10/17、19<第3会場>
Body, Mind and Spirit Research Lab

東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル

東京都江東区有明3-6-11 TFTビル